1. HOME
  2. ブログ
  3. 【illustratorだけ】流行りのポリゴン風イラストにチャレンジしてみた

【illustratorだけ】流行りのポリゴン風イラストにチャレンジしてみた

どうもデザイナーのtamaです。
今回は最近流行っている(という話を聞いたような気がする)話題のポリゴン風イラストにチャレンジ!
使用ソフトはillustratorのみ、難しい操作も不要ですので良かったら皆さんも試してみてください。

1.元になる画像を用意
2.大まかな輪郭線を引いていく
3.内側に三角形を描く
4.ライブペイントツールで色を塗る
5.完成品を眺める

元になる画像を用意


まずはポリゴン風にしたい画像を用意します。
今回はこの青赤美人の写真を使います!
さっそくillustratorに読み込みましょう!

大まかな輪郭線を引いていく


次にペンツールを使って大まかな輪郭線を引いていきます。
分かりやすいように黄色で引いてます!
直線でカクカクした線で引いてください。

眉や髪など、なるべく色の境界に線を引くことを意識します。

内側に三角形を描く


続いて、先ほどの輪郭線の中にペンツールで三角形を意識しながら線を引いていきます。
「ポイントにスナップ」にチェックを入れておけば線と線を繋ぎやすいです。

こんな感じでちくちく繋いでいきます。
アマゾンプラムで映画を見ながら作業・・・
ついつい線を引きすぎてしまいました・・・

ライブペイントツールで色を塗る


ここから遂に色を塗っていきます。
先ほどの線を選択後、「オブジェクト」>「ライブペイント」>「作成」を選択。

ツールボックスからスポイトツールを選択し、三角形の内側の色を拾います。
同じくツールボックスからライブペイントツールを選択し、三角形に先ほど拾った色を塗っていきます。

三角形の中で複数種類の色がある場合は、全体のバランスをみていい色を拾ってください。

線を引きすぎたせいで地味に大変な作業でした。

完成品を眺める


線の色を「なし」にして完成です!

塗っている途中は大丈夫なのかな?と思いながらやっていましたが、完成してみると意外と良い感じですね!
頭を空っぽにして作れるので、暇なときにやるといいかもです。

反省


本当はもっと線を少なくして、ローポリ風のかわいいイラストを制作する予定でしたが、アマゾンプライムのせいでついつい・・・
予定より時間がかかってしまいました。

もっと作業効率の良い方法があるんだろうなー・・・もっと勉強します。
でもこういう頭を使わずに出来る作業って、映画を見ながら出来るのでリフレッシュにもなっていいですね!

次回はおススメの映画でも紹介します!

(文:tama)

関連記事