1. HOME
  2. ブログ
  3. 【illustrator】エンベロープ応用編・メッシュで作成

【illustrator】エンベロープ応用編・メッシュで作成

どうもこんにちは!デザイナーのTamaです。
今回は前回に引き続き、エンベロープ機能について紹介します。


エンベロープとは

オブジェクトをゆがませたり、別のオブジェクトに合わせて形を変形させる機能です。

エンベロープ機能は3種類あります。
・ワープで作成
・メッシュで作成
・最前面のオブジェクトで作成

今回は2つめの「メッシュで作成」を使います。


メッシュで作成

それではタイトルにもあった鹿のデザインを作成していきます。
今回はシルエットの鹿の画像を用意し、パスに変更しております。
そちらについてはいつか説明しますね。

そして文字を用意します。
文字は「書式」>「アウトラインを作成」からパスを作成しておきます。

そしておおまかな位置に文字を配置します。
見やすいように鹿の色を赤に変更してます。

ここでエンベロープを使います。
一つの単語を選択し、「オブジェクト」>「エンベロープ」>「メッシュで作成」を選択します。
するとメッシュの設定画面が表示されますので、今回は行数2、列数4でOKを押します。
(あまり多すぎても調整が難しいです。)
そして「ダイレクト選択ツール」を使い、メッシュのポイントを動かしていきます。

すべての文字を鹿の形に沿うよう、変形していきます。
多少雑でも味があってよくなるかと思います。

次に「消しゴムツール」を使い、文字の後ろの鹿のオブジェクトを消していきます。
これまた雑な感じでも大丈夫です。

色を変更して、完成です!

いかがでしたでしょうか。
メッシュで作成を使えば、かなり自由度が高くオブジェクトを変形させることが出来ます。
いろんな形で試してみてください!

(文・Tama)

関連記事