【illustrator】初心者向け!パスファインダーを使って作業効率アップ!

こんにちは!デザイナーのTamaです。

今回は「パスファインダー」というツールについてご紹介します。

正直使わなくても、困ることはないのですが、使えると圧倒的に作業効率がアップするのでぜひこの機会に覚えてみましょう。

パスファインダーとは

複数のオブジェクトを合成したり、一方のオブジェクトから形を切り抜いたりすることが出来る機能です。
ペンツールで作成が難しい図形などを簡単に作成することが出来ます。

パスファインダーが表示されていない場合は
「ウィンドウ」>「パスファインダー」を表示させてみてください。


合体

選択したオブジェクトをすべて合体させることが出来ます。

前面オブジェクトで型抜き

下に配置したオブジェクトを上に配置したオブジェクトで切り抜きます。

交差

すべてのオブジェクトが重なっている部分のみが残ります。

中マド

オブジェクトの交差した部分が切り抜かれます。

分割

オブジェクトがすべて切り分けられます。

刈り込み

重なりどおりにオブジェクトが切り分けられます。

合流

同じ塗りのオブジェクトを合体させ、別の色のオブジェクトは切り分けられます。

切り抜き

上のオブジェクトで下のオブジェクトを切り抜きます。

アウトライン

分割され、境界線のパスだけ残り、塗りはなくなります。

背面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜きの反対の処理が行われます。


上記がパスファインダーのすべての機能の説明です。
正直、体感としては「合体」や「分割」はよく使うのですが、それ以外はそこまで使用しないのかなーと思っています。
(選択範囲など調整すれば大体代用できるような。。。)

ただ、すべてを使いこなせれば間違いなく作業効率がガン上がりすることは間違いないでしょう!

是非色々試してみてください!

(文・Tama)

関連記事

  1. 言葉を気持ち良く伝える!【滑舌を鍛える3つの方法】

  2. 今こそ使おう 配送飲食店検索アプリのおすすめ3選

  3. 自宅で大冒険!古き良きレトロゲーム紹介

  4. 【糖質制限ダイエット】半年で10㎏減った

  5. 【行と列ってどっちだっけ?】excel豆知識講座

  6. 今こそ楽しめる おすすめボード・カードゲーム